ランニング障害、コンディショニング、トレーニング、イベントの記事・最新情報!☞こちら
ランニングの痛みに4つのアプローチで改善・治療、予防へ。
■オーダーメイドインソール ■AIによる姿勢・動作解析 ■ランニングフォーム、筋トレ&ストレッチ ■スポーツマッサージ
オーダーメイドインソール
診断から製作まで、ランナーの足を知る職人のハンドメイド
AIによる姿勢・ラン・動作・歩行解析
カラダの特徴やクセの可視化から明確な改善アプローチ

膝、足、ふくらはぎ、股関節等ランニングの痛みを改善、その先の再発予防へ。

あてはまることはありませんか?

  • 痛みの原因がわからない
  • 痛みの原因はおよそ検討がついているが改善の仕方がわからない
  • 休めば治まるが走るとまた痛む
  • 今の状態で走って良いのかどうかわからない
  • 接骨院、整形外科、整体院・・・どこへ相談するか悩む
  • 骨に異状ないと言われたものの、結局体に何が起こっているのか教えられていない
  • 筋肉、関節などの炎症と言われたが、その先や詳細は教えてもらっていない
  • 他で診察してもらったが、ランニングの動作メカニズムを知らない、速さや距離などの話が通じない、ランニングに理解が無かった
  • 電気や超音波とマッサージを継続したが改善している感がない

    快体健歩は「症状(どの組織がどうなっているか)」と「原因」の解明から改善、予防へ導きます。

主にこんな症状の改善・予防をサポートしております。

足の痛み:足底腱膜炎、踵骨棘、外反母趾、骨頭痛、モートン病、アキレス腱炎(周囲炎)
ふくらはぎ~膝の痛み:シンスプリント、腸脛靭帯炎、膝蓋腱炎、鵞足炎、膝関節症
太腿のウラ(ハムストリング)やオモテ(大腿四頭筋)、内転筋群の炎症
股関節、臀部、腿の付け根など骨盤回りの痛み
偏平足、甲高、外反母趾などによる痛みやシューズのミスフィッティング

ランニング障害、痛みの内容と原因の明確化 → 改善&予防

ランニング障害の4大要因

筋肉はは、概ね大きく強靭なほどに耐久や反発の力に優れ、小さく脆弱なほどに故障リスクが高くなります。また、硬直、拘縮して柔軟性が欠けるほどに衝撃や負荷をなだらかに吸収できずに腱や関節にもダメージとなって故障に至ります。
アライメント(骨格筋の配列)の異常や筋量の左右アンバランスは、スポーツという非日常的な動作で負荷が大きいほどに片側の不適当な強さ、方向へのダメージとなって故障に至ります。

原因は一つに限らず幾つかの要因が関連し合います。また、同じ痛みを抱える場合でも人によって主要因は異なります。➡ ランナー個々の障害要因を丁寧に見極めてまいります。

<例1>ある人の故障の原因をランニングフォームの着地の悪さだとしても、その人と同じ着地、もっとひどい着地をしている人は皆故障しているわけではありません。
<例2>筋力不足、バランスの不均衡、柔軟性の欠如が故障の原因だとしても、その人より弱い、柔軟性がない、バランスが悪い人でも故障していない人もたくさんいます。

痛みの状態・要因を見極める快体健歩3つのポイント

どんなランニングをしているのか、どんな痛みなのか・・・情報が多いほど症状と原因の見立てが的確になります。
症状と原因が的確であるほど改善策と予防策の効果は高まります。

Point
確かな情報を瞬時に活かす先端科学AIによる姿勢・動作解析を導入しています
Point
多くの情報をより深く探るために、丁寧にじっくりと問診させていただきます。
Point
ランニング専門で開業15年の経験と信頼

院長は走歴37年、指導歴22年の市民ランナー。足と靴の学校フロイデでオートペディシューマイスターの技術を学び、整体の専門学校講師や接骨院スタッフ、ランニングシューズ販売の経験を経て開業15年になりました。多くのランナー、ランニング障害に相対し、少しづつですが今もなお着実に知識と技術を磨き続けております。

改善・予防への4つのアプローチ

1.カラダ改善(筋力、アライメント、柔軟性)&コンディショニング)

補強運動(筋トレ・ストレッチ)

筋トレとストレッチなどエクササイズは運動器の弱さ、硬さ、緩さ、バランスの不均衡の改善への王道です。

スポーツマッサージ

筋トレとストレッチなどエクササイズは運動器の弱さ、硬さ、緩さ、バランスの不均衡の改善への王道です。

テーピング・セルフマッサージ

筋トレとストレッチなどエクササイズは運動器の弱さ、硬さ、緩さ、バランスの不均衡の改善への王道です。

2.オーダーメイドインソール

幅広、幅細、甲高、偏平足、ハイアーチ、外反母趾など、それぞれに違う足型はもちろん、プロネーション、サピネーションなどの動作特徴を考慮することで、フィッティングを高めるとともに、着地から離床までの足と地面の理想的な流れをつくります。
結果として、着地のダメージと無駄な加重や捩じれを軽減させることで、足底腱膜炎、踵骨棘、中足骨骨頭痛、シンスプリント、モートン神経症や腸脛靭帯炎など膝の障害の改善、予防効果が期待できるとともに、疲労軽減によるパフォーマンスの向上にもつながります。

3.ランニングフォーム改善

ランニングフォーム=動き方が変われば度重なる着地の衝撃の大きさ、関節や腱に掛かる負荷の大きさとベクトル、推進するために必要な筋力も変わってきます。ランニングフォームを改善することは、これらを正しく、無駄なく導くことになり、障害の改善とパフォーマンスの向上につながります。

4.トレーニング計画・メニュー